舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 08日

リフォーム着手前の様子。

d0082238_2334291.jpg

初回にお伺いしての打ち合わせから、
数えると、10ヶ月は経過した。
早いといえば、早い感もするのだが、
もうすぐ、1年近く前でもある。
晴れて、本日、工事着手なのである。

早朝、着手前のあいさつをも含めて、
職人さん達の到着前に、到着したのである。
あいさつもそこそこ、
工事部分の、ダイニング、キッチン、
勝手口、洗面、浴室に足を踏み入れたのである。
解体前なのだが、
ものひとつない状態。
床も、光が反射するほど、
キレイに、なっていたのである。
全て住まい手さんの手によるのである。
このあと、解体作業で、
ほこりが舞うという状態となるのだが、
住まい手さんの、底知れぬ、
家に対する、愛着を、
感じさせていただいたのである。


母屋の要の空間の大改造 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-08 23:06 | 現場 | Comments(0)


<< 小屋裏が見えてきた      燃え盛る炎 >>