舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 12日

在るものを利用する

d0082238_23594282.jpg

ローカ部分の床に、
はめ込むかのように納められていた、
けやきの一枚板。
大工さんによって、無事外されたのである。
どう使うかは、まだ未定なのだが、
カウンター代わりにもなる、
古タンスの上部に置く、天板にどうかと、
思案中なのである。
他にも、土蔵に眠っていた、
格子戸も、仕切り壁として、使う予定。
在るものを利用する、
これも、ひとつのテーマなのである。

母屋の要の空間の大改造 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-12 23:58 | 現場 | Comments(0)


<< しっかりしている大引き      健全なる床下 >>