舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 22日

見事なる塗り上り

d0082238_22185524.jpg

本日、午後2時~6時までの、
あっと言う間の時間。
外部の木部である、
屋根廻りの杉材での、破風板、鼻隠しの板、
及び、バルコニーの杉の梁材の、本体から出の分を、
住まい手様にて、塗装を施されたのである。
まずは下屋根部分から始まり、
雲行きが怪しくなってきた、
陽もだんだん落ちてきた、
ということで、流れで、
ノンストップでの作業となったのである。
終了間際、愛娘さんも現場に駆けつけ、
完了とあいなったのである。
いやはや、高所の部分も含めて全て、
塗り上がったのである。
見事なる、塗り上りなのである。
そう、色目は、いつもの濃い目の茶である、
ミディアムブラウンなのである。
プラネットジャパン社の、
プラネットカラー、made in Germany、
のウッドコートの中の、一色なのである。
それに+バルサムテレピンオイルを1:1の割り合いで混ぜ、
一回塗りで仕上げる。
いわば、木地を見せる、塗り様なのである。
軒天は、杉板に柿渋塗りが基本パターンであるが、
2階外壁の黒色とあいまって、
焼杉張りとしたので、外廻りは、
残すは、バルコニーの柱、そして、
先端部に取り付く梁のみ、なのである。
いやはや、ご苦労さんで、ございました。

Best site is Best house
OMソーラーの家 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-22 22:19 | 現場 | Comments(0)


<< 様相は変わる。      ひな壇状の引き出し >>