舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 21日

木組が見える家

d0082238_144333.jpg

隠すのはもったいない。
見せた方が、よいと思う。
木組が見える家なのである。
重要なる、構造の部分。
家のつくりがどうなっているか、
手に取るように、よくわかるのである。
わかることで、より安心できる。

ここの床の荷重をこの梁(はり)で受けて、
ここの柱で支えている、、、
という具合に、思考を巡らす。
当然、設計者として、そういう目線で見るのだが、
住まい手さんにも、理解できると思う。
見えることで、否応なしに、家のしくみがわかる。
知的に、家がまさに、自分のものになるのである。

見える軸組材は、京都府内産材の杉。
おぎもくさんによる、こだわりの乾燥、
中温乾燥を施した材なのである。
表面に多少の割れは出るが、
木の特性を、生かすことに注力した、材なのである。


Best site is Best house
OMソーラーの家 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-08-21 23:59 | 現場 | Comments(0)


<< ヒノキ張りの玄関戸      遣り方 >>