舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 27日

からだを使っての、デモンストレーション

d0082238_0415685.jpg

現場では、
住まい手さんを交えて、
来年にする、植栽、外構工事の、
いわば、下打ち合わせが行われたのである。
いろいろなアングルからの見え方を想定しての植栽。
ひとつの重要なるアングル。
室内からの見え方。
ある意味、特等席にあたる、
リビングに置いたソファからの目線、
見え方を検証しながら、樹の位置を決めるのである。

見えるであろうか、
窓の左側に、見えるのが、
からだを使っての、
デモンストレーションをされているのが、
造園屋さんである、京都久松園さん。
表されているのが、ソヨゴの木。
樹形は、数本の幹が、
地面から立ち上がる、株立ちという樹形の予定。
実際に現場の、その場、その位置から見る、のが大事なのである。
実によくわかるのである。
隣地の木々との兼ね合いも考えながら、
窓の隅から垣間見えるかたちで納まった。
無事、各木の位置取りが決まったのである。
あじさいも三色植え込まれる予定。
下草も散りばめられる。
来年の出来上がりが、実の楽しみなのである。

への字の屋根の家
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-27 23:59 | 現場 | Comments(0)


<< ステンレスのプロフェッショナル      曲がり手摺 >>