舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 21日

無理なく、無駄なく。

d0082238_083659.jpg
おぎもくさんの、酒井さんの的確なる操作によって、
巨木は、機械の定位置にセットされ、
無事、無理なく、無駄なく、
製材がなされたのである。
最初の位置取りが重要で、
巾重視での位置取りで決めた。
位置取りを、決めてからは早く、
30分ほどで、完了とあいなったのである。

自然光が、ふんだんに差し込む作業スペース。
芯から、片側は節が極小という感じで、
片側は節があったが、
いい感じの生き節であったのである。
なかなかの、良質な板がとれたのである。
製材直前にお聞きした、まさに予測通りであった。
さすが、プロの技なのである。

さあ、これから、乾燥機に入れる、
いうならば、乾燥工程に入るという、段取り。
仕上がりが楽しみなのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-21 23:59 | 現場 | Comments(0)


<< 製材の成果。      巨木を製材する。 >>