舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 21日

魂心の木下地

d0082238_059337.jpg

張り巡らされた、
等間隔のピッチ、
コーナー部、窓廻りの各部、
各取り合いに対応した、
やり様、、、。
魂心の木下地なのである。
横は25cmのピッチ。
縦は細かめの追加胴縁が180cmとなる。
全て、ビス留めなのである。

左官仕上げの新工法。
ベースBラス工法
当社が推奨する外壁通気工法に、
対応する、工法なのである。
まずは、下地の着実なる施工が要、
肝心なのである。
豊運の岡花さんのご指導のもと、
次工程、
既に数枚進んでいるのだが、
中越サイディングさんの尽力による、
本体のベースBラスの本張りが、
進行中、なのである。

塗りの家
[PR]

by funakoshi-k | 2011-05-21 23:59 | 現場 | Comments(0)


<< 夕暮れの現場      現場がおもしろい。 >>