舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 30日

満を持しての塗り

d0082238_2355823.jpg
満を持して、
いよいよ、外壁、軒天の、
スイスの本漆喰の塗りに取り掛かる。
万全なる下地造り、
折り重なるかのような工程、
養生期間を経て、
いざ、といった感がある。
早朝、現場に集結したのである。

左より、
下地のベースBラス、及び、
ベースモルタル、プライマー材等を扱う、
左官のプロフェショナルの、豊運の岡花さん、
スイスの本漆喰、カルクウォールを取り扱う、
イケダコーポレーションの岡田さん、
左官工事を受け持つ、弓削左官さん、
現場管理を受け持つ、当社専務、
養生、プライマー及び、
スイス本漆喰の、ミネラル下地材の塗り込みを受け持つ、
塗装屋さんの藤原建装の藤原御夫妻。

一気に仕上げまで持っていく予定。
瞬くような、輝く、
何年も、輝き続ける、、、白を、
目指して、、、なのである。

最高の仕上がりを目指して、ラストスパート、
魂心の作業が続くのである。
あとは、良い天気を祈るのみ、なのである。

塗りの家
福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-30 23:59 | 現場 | Comments(0)


<< 試し塗り      さわめく緑。 >>