舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 24日

空間の在り様を表す、1枚。

d0082238_10454293.jpg

連続する古梁。
もともとのありのままが、
現れている。
出来るだけ素直に、、、
見せるようにしたのである。
白の、壁、天井をバックに、
灯具のあかりもあいまって、
浮き立つ。。。

ダークブラウンの色目の、
住まい手さん自力による、
塗りを施された、
低い勾配天井の空間。
屋根直下ということもあり、
断熱材を壁、天井ともに、
しっかり充填し、断熱効果を高め、
なおかつ、夏の通風を考慮、
窓を多いめに確保した。
吹抜を通して、つながる、
1階の居間スペースとつながることで、
空気もつながる。
ということで、
シーリングファンを設け、
冬は上向きの風にし、
上部に暖房の暖気溜まりを拡散させ、
サーキュレーションさせる。
夏は、逆に下向きの風にし、
風の動きを感じることで、
涼を得ようという使い様、、、
で、設置している。
そして、
夏は、窓を開けておけば、
吹抜を通して、
熱気が自然と上昇気流となり、
抜けてくれる。

いわば、この空間は、
1階の空間の、空気、温熱の、
外部空間とをつなぐ、
*バッファーゾーンなのである。
ということで、
温熱環境の効果的な改善も視野に入れての、
計画、改造工事であったのである。
これから、どう効果が出るか、、、
といったところなのである。

9月に完成させていただいた、
のであるが、、、遅まきながら、
写真整理が完了したのである。
その中の、1枚、、、
空間の在り様を表す、
ベストショットの1枚、なのである。


浮き立つ古梁の空間
綾部

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*バッファーゾーン・・・ものと、もの、空間と空間を、やわらかくつなぐ、
           緩衝帯のような空間のこと。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
完成建物見学会を開催します。
2011.12.3(sat).4(sun).10(sat).11(sun)
詳しくは、こちら。
ぜひ、お越しください。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-11-24 23:59 | Comments(0)


<< シンプルなファサード      への字が際立つ。 >>