舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 06日

構造を見る

d0082238_21155051.jpg
解体しなければわからない、
その代表格は、
やはり、構造なのである。
解体することで、
構造の在り様が、見えるのである。

もともと壁であるところに、
窓を設ける、、、
となると、筋交いの部分が開口となる。
柱も予想と反した位置にあった。

出来るだけ、もとの構造を活かしたい。
無理、無駄なく、なのである。
窓の巾を調整したり、、、
多少変更することある。
できるだけ、意図していたことを変えず、
空間や外観や用途に、
与える影響を考えながら、、。

筋交いの壁、いわば耐力壁をなくすとなると、
やはり別部分で、補う必要がある。
必要以上ある場合は別として、
できるだけ、もともとの構造性能を、落とさないことを考え、
同軸線上の壁、なおかつ、窓の上下の壁を補強する。
構造用合板、いわば面材で補強したり、補強梁を入れたりと、
できるだけ、廻りで家の耐力を、
補う、分担するよう、つくるのである。

ミニマムハウス
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2012-04-06 23:59 | 現場 | Comments(0)


<< 土嚢袋何枚分?      解体してわかる >>