舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 13日

ラーチの合板張り

d0082238_011574.jpg

構造用合板、、、、
構造上有効に機能する、、、合板なのであるが、
本来は、仕上げ材の下に在る、
下地の面材としての役割を担う使い様なのであるが、、、
ラフ&タフなる空間を、、、
ということで、仕上げ材として使う、のである。
合板の材は、ラーチ、、、いわば唐松。
木目が、しっかりと浮立つ見え様、
実にいい感じなのである。
サイズは、さぶろく、、、
3x6、、、910mmx1820mmサイズ、、、
厚み9mm、、、
サンダー掛け仕上げの、のち、、、
7~8mmの透かす納めをも、計算しながらの、、
果敢かつ、的確なる裁断、、、
そして壁、天井と、張り巡らすのである。
大工さんの、鳥井さん、
ご苦労さんです。

つながる空間project
舞鶴
[PR]

by funakoshi-k | 2012-07-13 23:59 | 現場 | Comments(0)


<< 石膏ボード張り      第27回OM全国経営者会議 >>