舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 28日

敷地の全容がわかる。

d0082238_0495925.jpg

解体撤去が進み、
地面が見えてきた、、。
建物が在ったことで、
見えなかった、
見通せなかった、、、
いわば、敷地の全容が、
わかる、ようになってきた、のである。
新しい建物の、
立ち居地をイメージしながら、
室内から、窓越しに見える、
景色の見え様なども、、、
イメージできるように、
なるのである。

天空の家 (OMソーラーの家)
[PR]

by funakoshi-k | 2012-10-28 23:59 | 現場 | Comments(0)


<< 石積みを堅持する。      手早い。 >>