<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

デッキの施工

d0082238_8304163.jpg

現場もいよいよ終盤。
デッキをつくっている様子なのである。

まずはレベルを出しながら束石ブロックを設置。
その上に束、大引き取付けと作業は続く。
そして、この上に床板をすのこ張りで仕上げるのである。
木は塗装はしない木地のまま。
全て水に強いWRC(ウエスタンレッドシ-ダー)なのである。

川が見える家(フォルクスA)
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-31 08:39 | 現場 | Comments(0)
2007年 01月 30日

大きめの洗面台

d0082238_8233480.jpg

カウンターはめ込みタイプの病院用流しを、
木にはめ込んで洗面台として使っている。
診察室・処置室・ナースステイションなどの使用を考慮した商品で、
巾が760mm、奥行き470mmと大きめのサイズがあり、
深さが200mmと水はねしにくいつくりとなっているのである。
洗面の用途だけでなく、
洗濯物の前洗いなどをしたりするのにも、
このゆとりのサイズが大変使いやすいのである。

空が見える家
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-30 08:36 | Comments(0)
2007年 01月 29日

浄化槽上の仕上げ

d0082238_756534.jpg

コンクリートの構造物。
これの下に合併浄化槽が据わっているのである。
要はその浄化槽を保護する為の、鉄筋入りのコンクリートの構造体なのである。
今回はスタンダートにコンクリートそのままの仕上げとしたが、
構造的なことも検証しながらではあるが、
石を埋め込むなどいろいろな仕上げを考えることも可能でなのある。

これから廻りの地盤を、
コンクリート天端とフラットに仕上げていくのである。

川が見える家
(フォルクスA 綾部)
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-29 07:56 | 現場 | Comments(0)
2007年 01月 26日

洗濯機置き台

d0082238_820439.jpg

洗濯機の下にセットされているのは洗濯機置き台。
洗濯機パンを据えて、洗濯機を設置する場合もあるが、
場所が限定されてしまうし、フリーに動かせるようにしたかったので、
通販で購入して、組立、設置したのである。
キャスターが付いていて、洗濯機が動かせることが出来る。

排水が漏れないように注意しておく必要があるが、
(排水は直接床面に設けた排水口に接続)
洗濯機下の掃除が容易にできる、優れものなのである。

空が見える家
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-26 08:20 | Comments(0)
2007年 01月 25日

着々工事進行中

d0082238_8424519.jpg

福知山で工事進行中の、
バリアフリーな長い家である。
外壁の黄色く見える部分は、
耐水仕様のプラスターボード、
いわゆる、シージング石膏ボードである。
この上に、ガルバリウムの波板を張るのである。
他の部分は塗り壁を左官屋さんで仕上げる予定。
内部も着々と工事進行中なのである。

バリアフリーな長い家(福知山)
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-25 08:42 | 現場 | Comments(0)
2007年 01月 24日

大きめのステンレスカウンター

d0082238_7553089.jpg

キッチンの様子。
シンク一体のステンレスカウンターである。
奥にはガスコンロもセットされている。
ダイニングとの境に立ち上りがない、
フラットかつOPENなつくりとなっている。
両面からの使用も考慮しているので、
通常より大きめの形状となっているのだ。
これも家に合わせてつくった、
手づくりの一点ものなのである。

黒の家
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-24 08:04 | Comments(2)
2007年 01月 23日

木製バルコニー完成

d0082238_2234030.jpg

バルコニーも木でつくる。
濃い茶色の部分は住まい手さんによって塗装された柱と梁。
梁の上は板金にてカバーされ、
その上に厚板が、すのこ張りで張られている。
手摺も板を透かして張っている。
これで、風通しのいい、バルコニーの出来上がりなのである。
板材はもちろん、
耐久性抜群のWRC(ウエスタンレッドシーダー)なのである。

川が見える家
(フォルクスA 綾部)
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-23 22:34 | 現場 | Comments(0)
2007年 01月 22日

外観はシンプルに

d0082238_9442186.jpg

外観はできるだけシンプルにまとめる。
必要以上な飾りや意匠はいらないのである。
かえって、そういう部分は削ぎ落として、
必要なもののみで構成する。
屋根も複雑にせず、切妻などシンプルな形が多い。
その方が、かっこいいのである。

太陽と風を感じる展示場(OMソーラー)
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-22 09:42 | Comments(0)
2007年 01月 20日

丸太の取手

d0082238_18593899.jpg
当社モデルハウスの玄関ドアの様子。
取手を杉の磨き丸太でつくっているのである。

自然な感じで使い込むほど艶がでてきて、
だんだんいい味がでてきている。
(当然、塗装はなにもしていない。)
長さも好きにつくれるし、
選ぶ木によっていろいろな表情が出るのでおもしろい。
これが好評で現在工事中の家にも採用しているのである。

太陽と風を感じる家(OMソーラーモデルハウス)
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-20 08:05 | Comments(0)
2007年 01月 19日

パーツでつくる丈夫な家

d0082238_814174.jpg

フォルクスAの建前の様子。
決められたパーツの組み合わせで、
ひとつの家という形ができているのがよくわかる。
柱、梁等、限られたパーツの中から、
選ばれたものの集合といってもいいのである。
それらが組み合わされることによって、
強固な構造体ができるのである。
また、完成してもそのまま潔く見せているので、
どうなっているかわかりやすく、
確かにできているか、住まい手さんにも確認できるのである。
それが安心感につながり、なかなか気持ちがいいのである。

川が見える家 (フォルクスA・綾部)
[PR]

by funakoshi-k | 2007-01-19 08:15 | 現場 | Comments(0)