舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 31日

地鎮祭日和

d0082238_2255833.jpg

晴れ渡る空、爽やかな涼風が流れる。
実に気持ちがいい日。
そんな日の午前に、滞りなく地鎮祭が執り行われたのである。
そのあと、住まい手さんと当社専務とで、
ご近所様への挨拶廻りをさせていただいたのである。
さて、次なるステップは~。といったところなのである。

光と風を呼び込む家 VH609g24 綾部
(OMソーラー フォルクスA)
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-31 22:06 | 現場 | Comments(0)
2007年 07月 30日

定量止水の水栓

d0082238_1228627.jpg

箱に入っているのは、水栓。
定量止水という機能付なのである。
設定した水量で勝手に止まってくれる優れものなのである。
水量は目盛りの付いたハンドルを廻すことで調整できる。
右側が井戸水用で単水栓、左側が上水用で混合栓。
双方共、ユニットバスの壁面に取付ける、浴槽の水、お湯張り用なのである。
ユニットバスのオプションなどの規格品では合うのがなかったので、
単品で取り寄せ、取り付けるのである。

築100年古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-30 12:28 | パーツ | Comments(0)
2007年 07月 29日

家から花火を堪能

d0082238_21441798.jpg

昨日、綾部の花火大会が行われた。
初めての経験、家の中から花火大会を見たのである。
設計の段階からの想定していたのと、
昨年の工事中にも花火大会があったので、
予想は充分出来ていたのであるが、
なかなかよく観え、ありがたく、花火を堪能させていただいたのである。

空が見える家 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-29 21:44 | 生活 | Comments(0)
2007年 07月 28日

ユニットバス着手前

d0082238_13265522.jpg

ユニットバスを施工する前の状態。
先行配管された樹脂管、耐力壁等、そして清掃。
据わってからでは出来ないので、先にしておくのである。

築100年古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-28 13:27 | 現場 | Comments(0)
2007年 07月 27日

キャットウォークの関板

d0082238_834186.jpg

吹抜沿いにキャットウォークをつくった。
窓からの光と風を遮らないよう、
手摺は北山杉の磨き丸太の横棒2本という形としたのである。
下方にみえるのは関板である。
片開き戸になっていて、キャットウォーク側面にプッシュ式の鍵付き。
子供がいくと危ないので付けてあるのである。

築40年母屋の改造 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-27 08:36 | Comments(2)
2007年 07月 26日

窓台付き窓

d0082238_132617.jpg

ローカが暗いということで、リビングとの境の壁に穴を開け、窓を設けた。
リビング上の吹抜の窓からの、自然の光を取り込もうということなのである。
片引き戸にしているので、開け放しにしていても、邪魔にならない。
下の枠は前面に張り出た形。
窓台として、何か置けるようにしたのである。

築40年母屋の改造 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-26 13:02 | Comments(0)
2007年 07月 25日

長い漆喰の壁

d0082238_17522225.jpg

北側面の2階部分の外壁。
土壁の上に、新しく漆喰を塗ったのである。
等間隔の柱とあいまって、より長さを感じるのである。

母屋の改修・改造工事 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-25 17:52 | Comments(0)
2007年 07月 24日

床の断熱

d0082238_20571927.jpg

等間隔の大引きの間に納まっているのは、断熱材。
押出法ポリスチレンフォーム3種というもので、厚みは50mmある。
この上に構造用合板厚み28mmが張られ、
ジョイント部には気密テープが張られ、
その上に厚み55mmの畳が敷き込まれるのである。
全てたすと、133mmもの厚みになるのである。

築100年古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-24 20:57 | 現場 | Comments(0)
2007年 07月 23日

樹脂管用ヘッダー

d0082238_12162918.jpg

ヘッダーというもので、給水や給湯の配管を分岐させる部材なのである。
つながる管は保温材付架橋ポリエチレン管で、樹脂管といわれるもの。
右側が給水用、左側が給湯用なのである。
金色のなかなかいい色であるが、
実際は白い保温材にてカバーされるので、見えなくなるのである。

築100年古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-23 12:16 | Comments(0)
2007年 07月 22日

シナ合板の建具

d0082238_21421327.jpg

建具は既製品は使わず、建具屋さんにて製作なのである。
素材はシナ合板が多い。
シナとはシナノキ科シナノキ属の落葉広葉樹のこと。
特徴は、まずはコストパフォーマンスがいいということ。
見た感じは、木目がわからないほど薄く、節もない白っぽい木という感じ。
仕上げとしては、実にプレーンな感じなのである。

空が見える家 VH6084222 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2007-07-22 21:42 | 素材 | Comments(0)