<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 31日

アップコン

d0082238_21395269.jpg
アップコン、名の通り、アップするコンセント。
床面に埋め込みで設置する。
ポンと床面からアップするのである。
壁面に取れない場所で、必要な場合、重宝する。
コンセントのみならず、TELやLAN配線差込など、いろいろある。
色や形も、数種類あるのだが、
シルバー色で丸型、シンプルでなかなかいいのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-31 21:30 | パーツ | Comments(0)
2008年 03月 30日

吊り直した古天井

d0082238_21443017.jpg

長年の色艶がある古い天井。
工事前は、真中が、かなりの垂れ下がっている状態。
それを、吊り直した、すっかり直ったのである。
天井裏には、断熱材もぎっしり入ったのである。
断熱材は、パーフェクトバリアという、ペットボトルの再生品、
ポリエステル100%の商品なのである。

茅葺古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-30 21:45 | 現場 | Comments(0)
2008年 03月 29日

小屋裏からの見下げ

d0082238_22522348.jpg

住まい手さんによる、掃除ですっきりした小屋裏。
その小屋裏から玄関土間への見下げ。
この部分は、小屋裏の床はなく、吹抜になっているのである。
昔はここから、滑車などで、焚き物の木やわらを、小屋裏に上げていたのである。
前の改造で張られていた天井を取り去ったので、元の原型に戻ったのである。
見下げると、なかなかの高さなのである。

茅葺古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-29 22:53 | 現場 | Comments(0)
2008年 03月 28日

挽かれていた板

d0082238_22373226.jpg

住まい手さんが、何かに使う予定でストックされていた材。
以前あった蔵に使われていた松の梁材を、
製材所に頼まれて挽かれていた板なのである。
長さは6mほどあり、両方へり付きの板。
何枚かあるのだが、一番上に置かれていた板が、一番巾がある。
これを使って、玄関土間に設置する式台をつくるのである。
上面を削る程度で、両面のへりの曲がりもそのままにし、必要以上に加工しない。
脚に杉の磨き丸太を付ける予定。
土間床に置いてある、というようなイメージなのである。

茅葺古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-28 22:50 | 素材 | Comments(0)
2008年 03月 27日

窓付き焼杉壁

d0082238_21425835.jpg

元々は一間半、約2.9m巾の掃き出し窓のサッシが入っていたのだが、
窓を巾約1.9mの腰窓にし、残りは焼杉張りの壁としたのである。
廻りの古い土壁や柱、梁などは、そのままなのである。
古い壁面に新しくはめ込まれた、窓付き焼杉壁、といった感じなのである。
足元は新しく、ヒノキの土台、束を入れた。
これら、時間の経過と共に徐々にではあるが、廻りと馴染んでいくのである。

茅葺古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-27 21:45 | Comments(0)
2008年 03月 26日

新旧の下地

d0082238_1317526.jpg

既存の古い下地と、その上に新しく取り付けた下地。
新旧の下地が交錯する。
既存から、単純に足される部分や、
仕上がりの状態からの逆算で考える部分などいろいろ。
必ずしも、古い下地が垂直になっているとも限らない。
斜めになっている場合も往々としてあるのである。
見えてくる柱や、梁との取り合いも同時に考え、
頃合の良い所で納めるといったところもある。
出来上がると、一切見えなくなるのだが、
仕上がりに直結する、大事な段階なのである。

茅葺古民家再生 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-26 21:19 | 現場 | Comments(0)
2008年 03月 25日

手製の天井埋込み照明

d0082238_21435713.jpg

障子紙越しのやわらかい光。
既製品の照明器具ではない。
手製の天井埋込み照明なのである。
障子が下面に納まっている。
これは、建具屋さんによる製作なのである。
当然、手づくりなので、デザインは自由。
これが、横にスライドするようになっている。
障子の上に設置している蛍光灯が、容易に取替えできる。
蛍光灯の色目は、電球色を使用。
その廻りは、白いクロスを張り、光が反射しやすいようになっているのである。

太陽と風を感じる展示場
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-25 21:44 | Comments(0)
2008年 03月 24日

街路樹を生かしたプラン

d0082238_2135125.jpg

元々からある、街路樹。
これをプランに生かす。
道路に勝手に緑は植えられないが、
運良く、家の前に緑が確保されているのである。
車道等からの、やわらかな目隠しにもなる。
外廻りを考えるとき、あれば、利用するべきでなのである。

スキップフロアーの家
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-24 21:31 | Comments(0)
2008年 03月 23日

畳の間の低めの窓

d0082238_22543515.jpg

畳の間、床に座する、床座の空間なのである。
ダイニングやリビングでの、椅子やソファなどに座った状態と比べる。
目線の高さを考えると、あきらかに低くなるのである。
ということで、窓の高さも、低めなのである。
床座した状態で、窓の下枠の高さが、肘が掛けれるぐらいにする。
目線が通ると同時に、床面に近い高さで、風が流れやすいのである。
窓の全体の高さも抑え気味、高くしない。
ぐっと空間に落ち着きがでるのである。

光と風を呼び込む家
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-23 22:55 | Comments(2)
2008年 03月 22日

灯りがつなぐ空間

d0082238_22533413.jpg

各部、各所を照らしている、灯り。
灯りがあると、それによって照らされた部分を、無意識でも感じるのである。
そこに空間があることを認識する。
照らされた床面、壁面、吹抜に浮かぶ灯り。
陰影の中、それらがつながり、空間に、奥行きを与えるのである。

太陽と風を感じる展示場 夜景
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日、第4日曜日。
太陽と風を感じる展示場 
10:00~17:00  OPENです。
OMソーラーの暖かさが、体感できます。
(本日、19:00で室温24度でした。)
家づくりの資料など、ご覧いただけます。
ぜひ、お越しください。
[PR]

by funakoshi-k | 2008-03-22 22:58 | Comments(0)