舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

へりと節を生かす

d0082238_2310378.jpg

木のへりの部分と、節。
これも、ひとつの自然の造形、自然のかたち。
できるだけ、生かすのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-31 23:11 | 素材 | Comments(0)
2008年 08月 30日

ほぼ完成

d0082238_23261481.jpg

細かいところを残して、
モデルハウス リニューアル プロジェクトは、
ほぼ完成なのである。
展示の構成や、ものものの、レイアウトなど、
まだの部分もある段階ではあるが、
すでに、何名かの方に、見学いただいているのである。

玄関先にOPENの看板があれば、見学いただけます。
また、予め、予約していただいても、OKです。
どうぞ~。

モデルハウス リニューアル プロジェクト
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-30 23:34 | Comments(2)
2008年 08月 29日

和紙のあかり

d0082238_00554.jpg

手製のあかり。
洗面台の鏡上に取り付けた、
電球色の直管の蛍光灯、トラフを和紙で覆ったのである。
あかりの色合いが変わる。
黒谷和紙を使った。
まわりを照らす、ぼあ~とした、あかり。
独特なる、表情なのである。

モデルハウス リニューアル プロジェクト
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-29 23:55 | Comments(0)
2008年 08月 28日

ソーラーハウスを楽しもう通信

d0082238_2303870.jpg

2ヶ月おきに、発行されている、
ソーラーハウスを楽しもう通信。
もちろん、発信元は、OMソーラー協会。
今回で、volume 90。
毎回、全国各地のOMの家に暮らす、
OMソーラーの住まい手さんの声や、暮らしぶりの様子を、
建物やその表情で紹介しているのである。
A3サイズの紙1枚でできている。
表紙は、大きな写真。
開くと、A3サイズに各部の写真と文章。
裏面は、平面図と説明文、OMソーラーに関するご案内、
という構成なのである。

さて、今回は、南は宮崎のOMの家なのである。
表紙の一文。

大都会の喧騒を離れ、雄大な自然の懐へ。
吹き渡る風、きらめく光、飛び回る鳥たち、
急ぐことも競うこともなく、ゆったりと。
忘れていた風景が、今、ここにある。

写真は、暖かみのある木に囲まれた、シンプルな空間。
いやはや、なかなか、いい感じなのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-28 23:01 | OM | Comments(0)
2008年 08月 27日

MOISS

d0082238_23494647.jpg

MOISS(モイス)という素材。
まだ生まれて、数年の代物なのだが、
なかなか優れた機能を持った、板材なのである。
主成分は、バーミュキライトという天然の粘土鉱物からできている。
これの層状構造がもつ層間活性効果を利用して、
空気中の、化学物質の吸着、分解する、
いわゆる空気清浄機のような機能がある素材なのである。
ボンドを使わず、ピン釘で止めるだけの施工でいいなど、
いろいろ新しい考え方が織り込まれている。
キッチンの一部の壁に使用した。
これからの素材、といったところなのである。

モデルハウス リニューアル プロジェクト
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-27 23:51 | 素材 | Comments(0)
2008年 08月 26日

白い壁面を照らす

d0082238_23114074.jpg

壁は月桃紙、白色の壁なのである。
ブラケットのかたちで取り付けた、杉の板と、
壁面の間に、照明器具が仕込んである。
長さ1.2mほどの、直管の電球色の蛍光灯、いわゆるトラフなのである。
直接、蛍光灯は見えない。
いわゆる、これも、手製の間接照明。
光が白壁を照らし、そして、廻りを照らす。
まろやかな光だが、実に明るい。
壁自身が、照明の一部なのである。

ロフトに茶室がある家 
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-26 23:12 | Comments(0)
2008年 08月 25日

OMチムニー

d0082238_22161123.jpg

なかなか、真近では見れない。
屋根の頂部附近にある、
排気塔、いわゆるOMチムニーなのである。
OMの排気がここから、外に出るのである。
今の季節、南側の屋根面で集熱した暑い空気を、
室内に出さず、外に排出する。
冬は、その暖かい空気を床下に取り入れ、床下のコンクリートに蓄熱、
そして、家全体を暖めるのだが、
今の時期に、その動き、空気の流れをすると、かなりの暑さであろう。
夏場は、その熱をお湯採りに使い、そのまま、外に排出するのである。
空気は出すが、雨や雪が内部に進入しないように、
うまくつくられた、パーツなのである。

木と土壁造りの家 OM 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-25 22:16 | OM | Comments(0)
2008年 08月 24日

目隠しを兼ねた収納

d0082238_23424436.jpg

オフィススペースの流し。
少し、手元を隠したいということで。
目隠しを兼ねた収納なのである。
中には、雑多なものが納まる。
杉の集成材のパネル、いわゆるJパネルでつくったのである。
上面は、ものも置く、
ということも考えての高さなのである。

モデルハウス リニューアル プロジェクト
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-24 23:49 | Comments(0)
2008年 08月 23日

木構造工事進行中

d0082238_1356175.jpg

1階、2階、そして小屋裏と、三層が見える、
吹抜でつながる、伸びやかな空間なのである。

外壁の、竹小舞の上に土塗りの、いわゆる、荒壁も完了し、
構造、いわゆる木構造部分にあたる部分、
着々と工事進行中、ほぼ完了なのである。
構造用合板張り、屋根葺き工事、等々、出来上がったのである。
ということで、いよいよ、中間検査となるのである。

木と土壁造りの家 OMソーラー 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-23 13:57 | 現場 | Comments(0)
2008年 08月 22日

よし戸

d0082238_22283721.jpg

リビングと、それに接続している小間の茶室。
仕切りは通常、和紙の坊主張りの戸襖が入っているのであるが、
夏の衣換え、よし戸なのである。
昨年の冬に御依頼いただき、半月ほど前に入ったのである。
当然、建具屋さんによる製作なのである。

当初は、低い腰板がある予定であったのだが、
なしの方がすっきりするということで、
全面、よしなのである。
透け具合といい、見た目にも、実に涼しげ。
なかなか、いい感じなのである。

茶室のある家 
[PR]

by funakoshi-k | 2008-08-22 22:31 | Comments(0)