<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

好きなワンショット。

d0082238_22565470.jpg

2008年も、早いもので、
そろそろ暮れようとしている。
photo。
好きな、今年の最後のワンショット、
なのである。

皆様、よいお年を~。


太陽と風を感じる展示場 
OMソーラーの家
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-31 22:57 | Comments(0)
2008年 12月 30日

こんな広告も出しました

d0082238_23365434.jpg

今年の秋は、こんな広告も出しました。
見ていただきましたでしょうか。

基本、昨日で仕事納めだったのである。
2009年は、5日から。
よいお年を、お迎えください~。
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-30 23:38 | Comments(0)
2008年 12月 29日

シャープな納め

d0082238_29519.jpg

瓦棒葺きの軒先。
シャープなる納め、
なのである。

simple is best な家
OMソーラー フォルクスA 舞鶴
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-29 23:56 | Comments(0)
2008年 12月 28日

強固な床

d0082238_031981.jpg

木軸が組まれ、梁なのだが、
その上、いわゆる床面に、並べられ、
釘で留め付けられる。
分厚い合板、
約1mx2m、厚28の合板。
強固なる床面、剛床をつくるのである。

simple is best な家
OMソーラー フォルクスA 舞鶴
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-28 23:58 | Comments(0)
2008年 12月 27日

つながる前の柱達

d0082238_0303649.jpg

たくさんの柱。
天に向かって伸びている、といった感じ。
木が林立する、林をも連想する様、なのである。

これから、梁、いわゆる横架材によって、
互いがつながって、全体の構造になっていく、
その前の状態なのである。
柱は基本的に、上の荷重、鉛直荷重を支える役割を担っているのだが、
横材によって、なおかつ、合板などの面材につながることにより、
横方向の力にも、対抗する構造の一部となるのである。

simple is best な家
OMソーラー フォルクスA 舞鶴
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-27 23:57 | Comments(0)
2008年 12月 26日

破風、鼻隠しの板の塗装

d0082238_0165332.jpg

屋根の際の木部である、破風、鼻隠しの板。
杉の板材なのであるが、
こげ茶系の色目の塗装が施されたのである。
木目が浮き上がるように出ている、なかなかの質感。
実に、いい感じに塗られていたのである。
塗り手は、住まい手さん。
これから、破風、鼻隠しは下屋根部分の残り、
そして、軒天の柿渋塗り、なのである。

simple is best な家

OMソーラー フォルクスA 舞鶴
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-26 23:59 | 現場 | Comments(0)
2008年 12月 25日

屋根のライン

d0082238_03370.jpg

下屋根の長い軒先と、その上には、大屋根のシンプルな切り妻。
屋根のラインが、外観をかたちづくる上で、
ひとつの、重要なるポイントなのである。

simple is best な家
OMソーラー フォルクスA 舞鶴
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-25 23:58 | Comments(0)
2008年 12月 24日

基本はA4のファイル

d0082238_22425855.jpg

本棚の棚の高さの、ひとつの指針。
それは、A4サイズのファイル。
デスク下に潜り込む、キャスター台をつくったのだが、
作業面である天板の下は、
2段の棚としたのである。
ということで、上の段は、A4ファイルが、
幾分かのクリアランスを確保しながらの、フィットする高さ、
そして、天板は、A4ファイルを開けた状態、
いわゆる、A3サイズが、余裕を持って納まる巾としたのである。

そう、まずは、A4サイズのファイルが基本なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-24 22:43 | 家具 | Comments(0)
2008年 12月 23日

看板

d0082238_1284662.jpg
モデルハウス前に、
掲げた、看板。
よろしく~。

ウエスタンレッドシーダー材でつくった、立ち板に、
角折釘という、主に簾や提燈を吊るす、
鉄製のいわゆる和釘を打ち込み、
名板を貼り付けた、へり付きの杉の厚板に穴を開け、
ぶら下げているのである。

太陽と風を感じる展示場
OMソーラーの家
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-23 22:17 | Comments(0)
2008年 12月 22日

バルコニーからの見え方

d0082238_23381443.jpg

一般ではあまりないかも、の目線。
バルコニーからの目線、見え方なのである。
南面のバルコニー、キャットウォーク、吹抜、2階のホール、
眼下には、1階のリビングの様子。
なかなかのアングル。
空間のつながりが、より感じられる。
実に、おもしろいアングルなのである。

太陽と風を感じる展示場
OMソーラーの家
[PR]

by funakoshi-k | 2008-12-22 23:38 | Comments(0)