<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

茅と格闘

d0082238_043746.jpg

まさに、茅と格闘。
35cmほどの厚みで葺かれている。
屋根全体となると、なかなかの量なのである。
全て手作業で、撤去する。

大きめの、アライグマがいたとのこと。
板金葺きと茅葺きの間に、幾分かのスペースある。
そこにいたと思われる、いくつかの形跡が見受けられたのである。
雨風凌げて、暖かい、実に格好の生息の場所であったのあろう。
解体工事が始まると、自ら居を移すがごとく、撤収した様なのである。

新古民家再生 築100年 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-28 23:57 | 現場 | Comments(0)
2009年 02月 27日

フルスクリーン フラッシュ

d0082238_0395120.jpg

当社の、HPに、「木と土壁造りの家」が、新たに加わった。
フルスクリーンのフラッシュ映像なのである。
空間、素材感、空気感、のようなもの。
そのようなものを、
感じていただけたらと思うのである。
ぜひ、ご覧ください。

木と土壁造りの家
OMソーラー 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-27 23:58 | Comments(2)
2009年 02月 26日

解体工事の面々

d0082238_2344398.jpg

今日は朝から、解体工事なのである。
午前中は、屋根面に葺かれていた板金の撤去。
元々の茅葺屋根が目前に現れたのである。

そして、昼からは、内部の天井、床、そして、
茅葺屋根の一部が撤去されたのである。
顔の汚れ具合が、その時の粉塵の壮絶さを物語る。
天井の上に積もった長年の埃で、一瞬、視界0の状況になる。
頭から、足もとまで、真っ黒になって作業をこなす、解体工事の面々。
いやはや、実に、タフネスな面々なのである。

新古民家再生 築100年 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-26 23:44 | 現場 | Comments(0)
2009年 02月 25日

足場が組めた

d0082238_071223.jpg

朝からの、一日。
たくさんの職人さんの手によって、
一気に、足場が組まれたのである。
まさに、建物を包み込む、取り囲むように、鋼管が組まれた。
屋根の頂部も、すっきりと納まり、
流れ長さが、規格サイズの鋼管の長さと、ピッタリと合っている。
見るに、飽きない。
なかなか、よく見ると、
実に、うまく組まれているのである。

新古民家再生 築100年 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-25 23:58 | 現場 | Comments(0)
2009年 02月 24日

いろいろな照明効果

d0082238_0203034.jpg

上、天井から吊るす照明。
壁沿いに寄せての、天井に直付け照明。
天井に埋め込みの照明。
床に直に置く照明。

あかりの設置されるやり方、位置によって、
さまざまな、照明効果が現れるのである。
これもひとつの、一様でない、美しさ、おもしろさなのである。

太陽と風を感じる展示場
OMソーラーの家
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-24 23:58 | Comments(0)
2009年 02月 23日

杉厚み30の板

d0082238_08074.jpg

立てて見たのである。
杉厚み30mmの板なのである。
野地板やロフトの床に使う予定。
野地板は、断熱効果を考慮して厚め板とし、
なおかつ室内からは、化粧で見えるという使い方。
ロフトは、この板厚のみの床となりで、裏面は2階の天井となる。

これは選定する為のサンプル。
材木屋さんが、持ってこられたのを、
まずは、どんな感じか見る為に、立てたのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-23 23:58 | 素材 | Comments(0)
2009年 02月 22日

ざっくりとした仕上げ

d0082238_2311940.jpg

当社モデルハウスの、
1階の壁面。
漆喰のパターン仕上げ。
わらすさも、しっかりと浮き上がっている。
均一に仕上げるのではなく、
あえて、ざっくりとした仕上げとしたのである。
手で塗った感じもでて、いい感じなのである。
見られ方からは、なかなかの感じと、
好評を得ているのである。

太陽と風を感じる展示場 
OMソーラーの家
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-22 23:01 | Comments(0)
2009年 02月 21日

宙に浮いた仮設ハウス

d0082238_0112366.jpg

現場が始まった。
先日の様子。
宙に浮いた、仮設ハウス。

道路より一段高い位置、敷地の突端に設置する為、
レッカーにて、吊り上げられたのである。
まずは、工事中の住まい手さんの仮住まいのスペースを、つくるのである。
他に、仮設水洗トイレ、仮設ユニットバスも吊り上げられ、
納まるべきポジションに設置された。
そして、土間の物置、作業スペースに、床、壁、天井を張り、
仮設生活スペースにするべく、大工さんにて構築中。
まもなく完成するのである。

新古民家再生の現場 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-21 23:58 | 現場 | Comments(0)
2009年 02月 20日

日本武道館

d0082238_0165013.jpg
本日、東京、九段下にある九段会館にて、
OMソーラーの会議があったのである。
早朝より、電車を乗り継いで、無事到着。
時間が少しあったので、
会場の目と鼻の先の、日本武道館を訪れたのである。

設計は、山田守さん。
京都タワーの設計者でもある。
屋根の曲線は、日本の象徴である富士山を表している。
内部も見たかったが、残念ながら、
予約が必要ということで見れなったのである。
やはり、なかなかの、威風堂々なる建物なのである。
コンサートにも使われているが、
日本の武道の中心的な建物なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-20 23:58 | Comments(0)
2009年 02月 19日

消音パイプ

d0082238_23595229.jpg

2階にトイレがある場合が、
どうしても、排水の音が、気になるところなのである。
まずは、プランの段階で、
直下部分に、居室や寝室などが来ないように、検討するのである。
基本は、平面的に重なるように、水廻りを持ってくる。
ベストというか、やはり、1階もトイレのパターンが多いのである。

配管にも、ひと工夫。
名は、「音ナイン」。
名前の通り、消音効果抜群の、配管材なのである。


simple is best な家
OMソーラー フォルクスA 舞鶴
[PR]

by funakoshi-k | 2009-02-19 23:58 | パーツ | Comments(0)