<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 31日

管理建築士講習

d0082238_23344981.jpg

3月中旬に、受けねば、
ということで、
舞鶴で行われた、
管理建築士の講習会を受けた。
いわば、建築士法により、
義務付られた、講習会なのである。
朝9時すぎから夕方5時半頃まで、
テキストに沿っての、
みっちりとした内容。
そして、最後は修了考査で締め括るのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-31 23:32 | Comments(0)
2010年 03月 30日

道路目線で見る

d0082238_0382743.jpg

ぐっと低く、
引き付けて見る。
道路から目線なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-30 23:59 | Comments(0)
2010年 03月 29日

全景の透かしパース

d0082238_23252255.jpg

まずもって、
平面プランもさることながら、
やはり立面、立体へと移行する思考、
当然、同時進行で考える、考えるべきなのだが、
ということで、パースを描く。
最近は、ことさら、
結果、A3サイズからはみ出し、
なかなかのサイズとなる。
全景の透かしパースなのである。
建物内外、敷地内外も含めた、
立体的な関係を表すのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-29 23:35 | 設計 | Comments(0)
2010年 03月 28日

かきわりの様な模型

d0082238_22284321.jpg

見ての通り、
舞台やテーマパークなどに見られる、
いわば、かきわりの様な模型なのである。
計画の敷地に対して、
面として接する部分をつくる。
道路を隔ての建物等の様子もつくる。

ぐっと下がって道路面に、
摺り合わせるように見てみる。
すると、まさに、
通行人の目線での情景をも、
容易に、想定、
シュミレートすることが、
できるのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-28 22:36 | 設計 | Comments(0)
2010年 03月 27日

木柄のバインダー

d0082238_21511389.jpg

バインダー。
こういうのも、
木柄を選ぶのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-27 21:52 | Comments(0)
2010年 03月 26日

木柄の紙箱

d0082238_23534969.jpg

木柄がプリントされている、
ダンボール素材の、
いわば組み立て式の箱。
1年半ほど前に神戸の雑貨店で購入した。
やはり、木柄、かつ、箱、
というところに、
惹かれたのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-26 23:55 | Comments(0)
2010年 03月 25日

合掌造りのミニチュア

d0082238_23543618.jpg

合掌造りの、
手のひらサイズのミニチュア。
白川郷のお店で、
思わず購入したのである。
特徴をデフォルメ。
屋根面には、
いやはや、
茅が使われているのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-25 23:55 | Comments(0)
2010年 03月 24日

何事も家目線で。

d0082238_010358.jpg

極限まで簡略化された、
簡素化された、フォルム。
それでいて、愛嬌がある。
簡素化されすぎて、
商業ベースに乗らなかったようだが、
無駄がない以上の、削り方なのである。
本来の目的を再認識させてくれる。
車も、家も同じなのである。
いろいろ、目新しいものを、
くっ付けたらいい、ということではない。
削ること、ブラッシュアップすることで、
輝きを増す、そんな感じ。
こんなことを、この車を見て思った。
職業柄か、何事も、家目線となるのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-24 23:59 | Comments(0)
2010年 03月 23日

フライングフェザー

d0082238_22592637.jpg

そういえば、
トヨタ博物館でお見掛けした。
なかなかの車を発見、
実に見入った、
フライングフェザーと、いう、車。

そう、まさしく、
こういう、車、いや、
家をつくりたいと、思うのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-23 23:00 | Comments(0)
2010年 03月 22日

Jパネルでつくった学習机

d0082238_21373322.jpg

休日を利用して、
つくったのである。
学習机。
杉の集成材のパネルである、
Jパネル、三層、厚み36、1x2mの材。
材料は、この2枚と、ビスのみなのである。
余り材は、机下にも、ひと棚、
そして、本立てパーツとなる予定なのである。

材と材の接合は、接着剤を使わず、ビスのみ。
ビスを外すと、当然、ばらすことができる。
棚や、天板の高さも、自由に設定できる。
天板の高さは、
既成品のものは通常70cmのなのだが、
低めの60cmとした。
成長に合わせて、上げる予定なのである。
椅子は、仮の椅子を置いているが、
学習机用の既製品の椅子を購入する予定なのである。

休日の成果品。
入学前の息子との約束を、達成できた。
いやはや、そんな、実に有意義な休日となったのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-03-22 21:43 | 家具 | Comments(0)