<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 31日

白タイル張りの作業台

d0082238_033964.jpg

キッチンとダイニングを、
適度に仕切るのにも、
一役買う、作業台なのである。
ダイニング側、及び、キッチン側共々、
両面使いのつくりなのである。
天板は、白タイル張りなのである。
側は大工さん、天板のタイル張りは左官屋さん、
建具は、建具屋さん。
内側に仕込まれているコンセントは、電気屋さん。
各パートの職人さんの仕事を経て、
ひとつのものが出来上がっているのである。

木小屋のような家 京丹後市
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-31 23:59 | Comments(0)
2010年 05月 30日

手を加える。

d0082238_2035482.jpg

手を加える。
住まい手さん自ら。
そういう部分があることで、
より豊かになる。
そんな家づくり。
仕上がりを見て、
いろいろと思う。
そんなこんなで、
労力は、楽しみに変わる。

楽しむ家づくり、なのである。

Best site is Best house
OMソーラーの家 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-30 20:41 | Comments(0)
2010年 05月 29日

和紙を巻き込んだデザイン

d0082238_0254916.jpg

シンプルに、
なるだけシンプルに。
ということで、
照明器具も、なのである。
和紙を巻き込んだような、
そんな、デザインの照明。
畳の間のシーリングライトとして使う。
当社の定番となりつつある照明なのである。
オーデリック社製。
このシンプルさが、実に合うのである。

木小屋のような家 京丹後市
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-29 23:59 | パーツ | Comments(0)
2010年 05月 28日

隈無く壁面収納

d0082238_23462384.jpg

見ての通り、
隈無く壁面収納、なのである。
できるだけ、シンプルにつくる、のである。

母屋の要の空間の大改造 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-28 23:51 | Comments(0)
2010年 05月 27日

特徴的な素材を映す。

d0082238_0105980.jpg

家それぞれ、
数々の素材を使ってつくり上げるのだが、
その家にとっての、特徴的な素材。
そんな素材をCDのラベルとする。
左から、エゾマツの合板、焼杉、杉板。
それぞれの家の特徴を表しているのである。

工事前・工事中・完成と、
進捗に応じてデジカメで撮影した、
数々の写真を、数枚のCDにまとめる。
そして、住まい手さんに、
プリントと一緒に、お渡しするのである。
もちろん、当社でも、
同じものを保管するのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-27 23:59 | Comments(0)
2010年 05月 26日

一辺倒の外壁

d0082238_0194931.jpg

焼杉張り、一辺倒。
いやはや、なかなか、いいのである。

木小屋のような家 京丹後市
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-26 23:59 | Comments(0)
2010年 05月 25日

いろいろな要素を仕込む。

d0082238_23305055.jpg

ローカといえども、
ひとが通る動線の用途だけではない。
いろいろな要素を仕込む、
仕込まれているのである。
各空間に、つながるのだが、
右側は吹抜、
手摺を兼ねた本棚なのである。
左側は階段。
その上に設けられた、
階段上床、なるものに上がる為の、
自立型はしご、傍らに、丸棒の手摺が、
セットされているのである。

木小屋のような家 京丹後市
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-25 23:59 | Comments(0)
2010年 05月 24日

OM集熱パネルの中は波板。

d0082238_2253465.jpg

現場に南側の屋根の最上部にセットされる、
OM集熱パネルが運び込まれた。
太陽熱を活用する、
OMソーラーの家の、3大原則である、
「集熱」、「蓄熱」、「断熱気密」のうち、
「集熱」の、いわば、要のパーツなのである。
よく見ると、ガラスの中に、波板が。
波板を用いることで、
太陽光が当たる部分が、
平面に比べると広くなる。
よって集熱効率が上がるということ。
当たり前のことのようだが、
よく考えたものだと、
初めて聞いたときは、
大いに関心したもの、なのである。

Best site is Best house
OMソーラーの家 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-24 22:54 | OM | Comments(0)
2010年 05月 23日

様相は変わる。

d0082238_21154946.jpg
なるだけ、
これまで、住み込まれた住まい、
改造工事を施すが、住むひとは変わらず、
これからも、住み継がれていくである。
当然、手を加えることで、
様相は変わる。

旧来の、もの、部分を残す、活用する。
空間の持つ時間軸のようなものを、分断せず、
これからも、繋いでいく。
そうすることで、より豊かな生活の場、
空間となると、思うのである。

ということで、出来有れば、
元々在ったものも、残しながら、
次に繋げる部分を残せればと思うのである。
洗面室の床として使われていた、
板の半分は、古箪笥の天板となったのである。
実に重厚なるつくりの箪笥。
上下2分割の、下の部分なのである。
上の部分は、対面の階段下の三角のスペースに、
加工を加えることで、無事納まったのである。
厳然とある、既存の家具をどう納めるか。
これも、改造工事の中の、ひとつの、テーマ。
設計の段階で織り込むのだが、
ピタッと納まれば、
う~ん、良し。
と、なるのである。

母屋の要の空間の大改造 綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-23 21:16 | Comments(0)
2010年 05月 22日

見事なる塗り上り

d0082238_22185524.jpg

本日、午後2時~6時までの、
あっと言う間の時間。
外部の木部である、
屋根廻りの杉材での、破風板、鼻隠しの板、
及び、バルコニーの杉の梁材の、本体から出の分を、
住まい手様にて、塗装を施されたのである。
まずは下屋根部分から始まり、
雲行きが怪しくなってきた、
陽もだんだん落ちてきた、
ということで、流れで、
ノンストップでの作業となったのである。
終了間際、愛娘さんも現場に駆けつけ、
完了とあいなったのである。
いやはや、高所の部分も含めて全て、
塗り上がったのである。
見事なる、塗り上りなのである。
そう、色目は、いつもの濃い目の茶である、
ミディアムブラウンなのである。
プラネットジャパン社の、
プラネットカラー、made in Germany、
のウッドコートの中の、一色なのである。
それに+バルサムテレピンオイルを1:1の割り合いで混ぜ、
一回塗りで仕上げる。
いわば、木地を見せる、塗り様なのである。
軒天は、杉板に柿渋塗りが基本パターンであるが、
2階外壁の黒色とあいまって、
焼杉張りとしたので、外廻りは、
残すは、バルコニーの柱、そして、
先端部に取り付く梁のみ、なのである。
いやはや、ご苦労さんで、ございました。

Best site is Best house
OMソーラーの家 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-05-22 22:19 | 現場 | Comments(0)