<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

名入りの鏡

d0082238_0512993.jpg

完成したのである。
かねてから、進行中の、改造工事。
民宿の改造なのである。
船井郡京丹波町猪鼻の山間に建つ、
民宿ほその さんなのである。
水廻りのひとつの要所でもある、
トイレや手洗い、洗面スペース等の、
改造工事が、出来上がったのである。

洗面スペースの手製の間接照明の灯りに、
映し出された、鏡の隅部分。
ふと見ると、
舟越工務店の、
名入りのプレート付き、
なのである。

今夜は、大工さん、水道屋さん、
専務、私をもお招きいただき、
大いに、ご馳走になったのである。
ありがとうございました。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-31 23:59 | Comments(0)
2010年 07月 30日

光のかたち

d0082238_23412230.jpg

小窓から差し込む。
壁面が照らし出される。
四角が太陽の角度で、
幾何学的なかたちに変化する。
椅子と絡む部分は、
影となり、映し出される。
光がもたらした、偶然なるかたち。
なんとも、アートを感じるのである。


太陽と風を感じる家
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-30 23:42 | アート | Comments(0)
2010年 07月 29日

玄関戸のデザイン

d0082238_23563672.jpg

なにかしらの、手掛かりを追い求めて、
紙に描く、玄関戸のデザインなのである。
技術面とコストの制約は、あるといえばあるのだが、
自由につくれる、つくるのである。
その家、そこに住まうひと、
そして、そこにあるべき玄関戸のデザイン。
深く考えると、実に難題なのだが、
浮かぶ、イメージを追い求める作業も、
いやはや、おもしろいのである。
一日に2回は、否応なしに、目の当たりにする、玄関戸。
ひとつの、家の顔といっても過言ではない。
といいながら、
肩肘張らずに考えるのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-29 23:57 | Comments(0)
2010年 07月 28日

店先の長持

d0082238_2383117.jpg

店先になにやら木箱が。
昨日、上方町家の会合で、
訪れた、ソーラーコムさんの、
店先の様子なのだが、
古き民具の代表格である、
長持(ながもち)が据えてある。
いやはや、堂々たる存在感なのである。
実はこれ、建築現場で出る、木材の端材入れなのである。
自由にお持ち帰りください、ということで、
説明書きもされている。
開けてみたら、中は、
すっからかんの空っぽであったが、
今の季節、そう、夏休みとくれば、
自由課題の工作にもってこい、
端材が出次第、補充されるのであろう。
いやはや、こういう、利用の仕方もあるのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-28 23:08 | Comments(0)
2010年 07月 27日

上方町家の会in東大阪

d0082238_045394.jpg

上方町家の会、発足時から、
ひさしぶりに訪れた、
東大阪市の放出(はなてん)の近く、
ソーラーコムさんの事務所にて、
上方町家の会合が行われたのである。
今回から、新たに神戸を本拠地とされている、
戎工務店さんも加わったのである。
これからの展開や、木材の品質や仕様等、
多岐に渡る内容で会議も盛り上がったのである。
と、その前、会議前に、メンバー皆で、
ソーラーコムさんが手掛けた、
2物件を見学させていただいたのである。
その内の、一棟が、記念すべき、
上方町家の家、第一棟目ということで、
合議の上、決定とあいなったのである。
ソーラーコムさん、いろいろと見せていただき、
ありがとうございました。
皆様、ご苦労さんでした。

上方町家 ホームページ
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-27 23:59 | 上方町家 | Comments(0)
2010年 07月 26日

吹抜の様相

d0082238_22353687.jpg

2階の床が張れた。
ということは、
吹抜の様相が見れるということ。
これから、手摺等がぐるりと、
立ち上がってくるのだが、
まずは、確認するのである。
1階と2階のつながり具合、
視線の抜け具合を確認する。
往々として机上、
図上でのシュミレーションの世界から、
現実、実際の世界へとなる。
目前に見てとれるのである。
そんな、こんなの確認が、
実に、楽しい、瞬間なのである。

Best site is Best house
OMソーラーの家 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-26 22:38 | 現場 | Comments(0)
2010年 07月 25日

窓をまとめる。

d0082238_221223.jpg

内外をつなぐ部分、である窓。
各スペースに一個、
居室、部屋ともなると、
2ヶ所は欲しいところなのである。
場合によれば、
たくさんの窓が、
ひとつの面に並ぶということも有りうる。
それを、いかに乱雑にせず、まとめるか、
ということを考える。
不必要な窓をできるだけなくすということも、
当然考えるのだが、
窓の開閉による、風通しの気持ちよさや、
自然光による明るさは、
なにものにも変えがたいのである。
となると、ついつい多くなるのである。
どう、すっきりまとめるか。
ひとつの命題、
一定の法則なるもの、一定の基準をつくる、
いわば、各窓の意味や、位置取りを考えながら、
最大公約数的に、考え、まとめる。
そんな結果が、出来上がれば、
外観に現れてくるのである。
ということで、窓ひとつの位置取りも、
心して掛からねば、ということなのである。


Best site is Best house
OMソーラーの家 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-25 22:02 | Comments(0)
2010年 07月 24日

いい感じに仕上がって来た。

d0082238_22301484.jpg

徐々に、徐々に。
いい感じに順次、出来上がってくる、
仕上がってきたのである。
本日、現場にて、住まい手様と、
外部廻りの植栽や板塀に関しての、
ひと時の打ち合わせ。
内部から外部を見た、目線での、
イメージを膨らまするべく、
本日は現場は、休みのだが、
内部にも入っての、打ち合わせ。
外部といえども、
もちろん、内部のポイントなる部分からの目線をも、
考慮して考えるべき、ということなのである。
ビシッと床面には、
養生用の合板が張り巡らされている。
実に、キレイに整頓された現場は、
実に気持ちがいい。
打ち合わせも、スムースに運ぶのである。
そう、容易に出来上がりの様相が、
イメージでき得るようになってきた。
大工さん、ご苦労さんです。

Best site is Best house
OMソーラーの家 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-24 22:31 | 現場 | Comments(0)
2010年 07月 23日

パーツを組み合わせる

d0082238_111765.jpg

積まれたいろいろなる、かたち。
一旦を担う、いわばパーツなのである。
パーツとパーツがつながって、
組み合わさって、ひとつのものが、出来上がるのである。
もとは、定型のサイズの面材である、
杉の3層構造の集成板である、
Jパネルから、切り出された、
木取りされた、パーツの類々。
組み合わさることで、
平面の材が、立体となり、
有用なるかたちとなる。
そこが、おもしろいところなのである。

KIBACO
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-23 23:59 | KIBACO | Comments(0)
2010年 07月 22日

こじ開けられた穴。

d0082238_231889.jpg

はい、こちら、現場より~。

ということで、古民家再生を、
させていただいた現場なのである。
旧来のままの状態で、完了としていた部分から、
小動物なるものが床下に進入したのか?
こじ開けられたような穴。
アライグマやアナグマ、イタチなど、考えられる。
当然、ねずみも出入りできる穴。
策を、対策を~、ということで、
腰板を張り巡らすこととなったのである。
山間部の家は、自然の中に建つ。
ある意味、小動物対策も、
重要なる、ひとつ、なのである。

新古民家再生 福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2010-07-22 23:26 | 現場 | Comments(0)