舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

雪に彩られた風景

d0082238_22583738.jpg

窓の外は、雪模様。
眼下には、雪に彩られた風景が拡がる。
来年の作業に備えたる、静寂の現場の様なのである。

への字の屋根の家
綾部


2010年は、ありがとうございました。
皆様、よいお年を~。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-31 23:13 | 現場 | Comments(0)
2010年 12月 30日

濃い内容

d0082238_0165273.jpg

チルチンびとの、
風土社から、
一冊送られて来た。
OM特集の別冊チルチンびと。
「環境と暮らしをデザインするOMソーラーの家づくり」
今回は、かなりの濃いめの内容なのである。
OMソーラーの創始から~今現在の世界が、
わかる内容なのである。
書店にて~、ご堪能ください。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-30 23:59 | | Comments(0)
2010年 12月 29日

電球。

d0082238_155122.jpg

直径95mmの、
白熱灯の電球を多用する。
なかなかの数となるのである。
電球が付き出すと、
いよいよ、現場も大詰めなのである。

への字の屋根の家
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-29 23:59 | パーツ | Comments(0)
2010年 12月 28日

ステンレスのプロフェッショナル

d0082238_0444870.jpg

当社の造り付けキッチンに、
まさに欠かせない、存在。
カウンタートップは、
ステンレス製なのである。
いわば、一点一点、
特注の手づくりの一品なのである。
ひとつ、たりとも、同じものはない。
洗面台横のステンの棚も、
製作していただいている。
そのつくり手である、
ステンレスのプロフェッショナル、
システム厨房シンワさんなのである。
ご苦労さんです。

への字の屋根の家
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-28 23:59 | professionals | Comments(0)
2010年 12月 27日

からだを使っての、デモンストレーション

d0082238_0415685.jpg

現場では、
住まい手さんを交えて、
来年にする、植栽、外構工事の、
いわば、下打ち合わせが行われたのである。
いろいろなアングルからの見え方を想定しての植栽。
ひとつの重要なるアングル。
室内からの見え方。
ある意味、特等席にあたる、
リビングに置いたソファからの目線、
見え方を検証しながら、樹の位置を決めるのである。

見えるであろうか、
窓の左側に、見えるのが、
からだを使っての、
デモンストレーションをされているのが、
造園屋さんである、京都久松園さん。
表されているのが、ソヨゴの木。
樹形は、数本の幹が、
地面から立ち上がる、株立ちという樹形の予定。
実際に現場の、その場、その位置から見る、のが大事なのである。
実によくわかるのである。
隣地の木々との兼ね合いも考えながら、
窓の隅から垣間見えるかたちで納まった。
無事、各木の位置取りが決まったのである。
あじさいも三色植え込まれる予定。
下草も散りばめられる。
来年の出来上がりが、実の楽しみなのである。

への字の屋根の家
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-27 23:59 | 現場 | Comments(0)
2010年 12月 26日

曲がり手摺

d0082238_22514317.jpg

曲がり材を利用した、
いわゆる、曲がり手摺が取り付いた。
リビングダイニングのスペースの、
コーナーに設えた階段の手摺なのである。
なかなかの、
曲がり具合なのである。

への字の屋根の家
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-26 22:55 | Comments(0)
2010年 12月 25日

職人が集う忘年会

d0082238_10565468.jpg

早いもので、2010年もあと僅か。
今年、仕事をさせていただいた、
民宿ほそのさんにて、
2010年忘年会が行われたのである。
かなりの、和気あいあいの雰囲気。
大いに盛り上がったのである。
いわば、職人が集う忘年会。
総勢19名+民宿ほその店主 細野さん。
いや、一名足らない・・・。
左官屋さんの弓削さんは、
本日、への字の屋根の家の、
昼間に打ったモルタルの押さえで、
途中退場されたのである。
ご苦労さんです。

わたし、専務、
大工さん、基礎屋さん、板金屋さん、
サイディング屋さん、建具屋さん、
内装屋さん、電気屋さん、水道屋さん。
職種は違えど、
ひとつの家をつくり上げるのに必須な、
その職能、技能を、遺憾なく発揮する、
家づくりのプロフェッショナル達、なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-25 23:59 | professionals | Comments(0)
2010年 12月 24日

リアルなパース

d0082238_23121199.jpg

ラフなタッチの、パースもいいが、
繊細なタッチ、いわば、
リアルなパースを描いたのである。
シンプルなる外観に、
目前の植栽が際立つ。
車も定位置に納まった様子なのである。

への字の屋根の家
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-24 23:17 | Comments(0)
2010年 12月 23日

築12年の木の家

d0082238_046830.jpg

少し前、訪れた際の、
角からの見え方、築12年の住まい。
植え込まれた木の大きさが物語る、年月。
OMソーラーの家、
フォルクスAなのである。
2階の外壁は白木の仕上げ、
信州唐松の縦張りなのである。
長年、雨風があたって、
やれてきている部分もあるが、
まだまだ、大丈夫なのである。
なじみになじんで、
風格すら感じる。
時の流れによって、
なかなかの、いい感じに、
仕上がっているのである。

10年後、20年後~に訪れたとき、いいと思える家。
やはり、そんな家がいいと思う、
そんな家をつくりたいと、思うのである。

木造打ち放し・オープンプランの家
OMソーラー フォルクスA VH709g12 
福知山市  築12年~
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-23 23:59 | Comments(0)
2010年 12月 22日

可変式穴あけビット

d0082238_10593393.jpg

コンセント等の配線を通したいということで、
いわば工事完成後に、
無垢の板のカウンターなどに穴を開けたい、
完成してから、穴の位置を決めたいという要望に、
手軽にお答えできる、
そんな道具を捜していたのである。
コンセントに差すジャックを通すということになると、
直径35mmは欲しいのである。
電気ドリルに35mmのきりを付けてするのもいいが、
できれば、インパクトドライバーに装着できて、
板厚50mmにも対応できてというもの。

いろいろなタイプのものがあるのはあるが、
なかなかの優れものを発見したのである。

インパクトドライバー対応
可変式穴あけビット
X.ビットs C-2 神沢鉄工株式会社製なのである。
価格もそれほどせず、
なかなかの代物なのである。
貫通穴と座ぐり穴(貫通させない穴)もできる。

穴のサイズは30~42mmに可変できる。
早速、杉板に穴を開けてみた。
多少コツはいりそうだが、
うまく開けれたのである。
あとは、粗面を、
サンドペーパーで仕上げて、
完了といったところなのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2010-12-22 23:59 | 道具 | Comments(0)