舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

への字の屋根の家 UP

d0082238_1913379.jpg

画面上に展開される、
数々のアングル。

への字の屋根の家

満を持しての、UPなのである。
ご堪能ください~。
どうぞ~。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-31 19:17 | Comments(2)
2011年 03月 30日

家具がセットされた。

d0082238_13277.jpg

定位置に、家具がセットされた。
木のテーブル、椅子、
円形のちゃぶ台、
その下の絨毯はギャッベ。
もちろん、正面突き当たりの壁にはTVが。
窓廻りには、プレーンシェードがセットされた。
家具の見立ては、任せていただいた。
ということで、ARIAさんにご協力いただき、
実に、グッと来るというか、抑えの利いた、コーデ。
まさに、ピタリと納まったのである。
この後最終、植え込んだのだが、
窓の外には、植栽を施し、
外部への繫がりも強調したのである。
京都久松園さんの手によって、
もみじ、カエデ、竹が植え込まれた。
四季の移り変わりと共に、
より自然が感じられるのである。

それらが、各所に仕込まれた灯具により、
ポイントポイントで、
照らし出される、浮き立つような、
そんなライティングとした。
シンプルな空間の中で、
ひとつひとつの選りすぐりが、
ピンポイントで、効く~、
そんな、コーデとしたのである。

白の空間
リノベーション
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-30 23:59 | Comments(0)
2011年 03月 29日

白にした訳。

d0082238_059132.jpg

出来上がった、
完成形、なのである。
自然の光が、室内に反射する。
壁、天井の色合いが、
廻りの色や、ライティングの光によって、
投影して、変化する。
線は少なく、シンプルに、プレーンに、、、。
白の空間となった、所以なのである。

白の空間
リノベーション
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-29 23:59 | Comments(0)
2011年 03月 28日

下地材が張り巡らされる

d0082238_020108.jpg

工事途中の様相。
大工さんによって、
下地材が張り巡らされた。
壁、天井、、、。
下地と言えども、
等間隔の様が、美しいのである。

goodなる空間を目指し、
仕上げの前の、前の、段階。
仕上がりが、ビシッとなる為には、、、
やはり下地がキッチリと、
なってないと、出来得ないのである。
下地の出来が、
仕上げに如実に影響してくる。
地味であり、地道なる段階なのだが、
実に、重要なる、段階なのである。

白の空間
リノベーション
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-28 23:59 | 現場 | Comments(0)
2011年 03月 27日

ビフォー 白の空間

d0082238_12263529.jpg
今年に入ってから、
進行中であった、リノベーション。
和室2間+縁側の空間を、LDKの空間にする。
内部と外部との接点は、
奥まった一部の西面と、北面のみ。
耐震、断熱性はもちろんのこと、
ローカ、勝手口等を含めて、50㎡ほどの、
コンパクトな空間でありながら、
多々なる機能を充足させ、
無理のない、ゆったりしたインテリア、
自然光による明るさの確保、
外部とのつながりをも感じられる、等々、、、。
そんな空間をつくるべく、
設計、現場管理、
大工、基礎、水道、電気、板金、左官、建具、内装、
ステンレス、コーキング、美装、造園、、、。
各パートの、職人さん共々、
創り上げるという、目的を遂行するべく、
注力させていただいたのである。

これは、家具等が移動された、
工事直前の様子、
いわゆる、ビフォー、なのである。


白の空間
リノベーション



リノベーション・・・既存の建物や住宅、空間などに、改造、改修工事を施し、
           既存の用途や機能を変更させ、利用価値を高めたり、
           新たなる価値を創出する、ことなのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-27 23:59 | 現場 | Comments(0)
2011年 03月 26日

皮を使う

d0082238_13365529.jpg

先日の大丸太の製材ででた、端材。
丸太でいえば皮部分。
杉なので、杉皮。
そういえば、先日訪れた、
出雲大社の大改修では、
檜皮が使われていた。

やはり、余すことなく使い切るのが、
好ましいと思うのである。
ほかさずに、
いただいて帰ってきたのである。
まずは、寝かしてというか、乾かしながら、
どう利用できるか、
考えてみるのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-26 23:59 | Comments(0)
2011年 03月 25日

埋め込まれた様なデザイン

d0082238_113265.jpg

当社モデルハウスの玄関にある、
室内が見渡せる、窓。
窓台は、厚みのあるヒノキ板で、
巾は窓巾より大きくする、
隅をテーパーにし、
土壁に埋め込まれた様なデザインにした。
枠も塗りこみ、
壁の穴の中に窓がある、
そんなデザインなのである。

太陽と風を感じる展示場
OMソーラーの家
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-25 23:59 | Comments(0)
2011年 03月 24日

輪切り材

d0082238_954436.jpg

丸太の製材の前に、
手始めに、輪切りをしていただいた。
なかなか出ない太さ、せっかくなので、
その太さがわかるかたちで利用したいと、
思ったからなのである。
4mの長さを残すということで、
結果、2枚取ったのである。
直径約80cmの円形のいわば、輪切り材。
芯に向かって、割れが入ってくることは必至である。
まず浮かぶのは、円形ちゃぶ台の天板。
まさに、ちょうどサイズなのである。
他にも、、、、考えてみよう。
さあ、どう利用するかな、なのである。
おぎもくさん、ありがとうございました。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-24 23:59 | 素材 | Comments(0)
2011年 03月 23日

上方町家の会in京都vol.3

d0082238_9295997.jpg

上方町家の会in京都vol.3
本日、京都の住暮楽さんに、
各地のメンバーが集結、
会合が行われたのである。
各所にこだわりと工夫が垣間見られる、
工事中の住まいの見学から始まり、
住暮楽社長直々の、
住まい教室のデモンストレーション、
震災によっての影響や、今の状況など、
多々なる情報交換等が行われた。
そして、夜は場所を居酒屋に移し、
そこでも、いろいろな各社の取り組み等、
興味深い話しの数々。
家に帰り着くことができる、
ぎりぎりの時間まで、盛り上がった。
今後の展開を含め、
いろいろと考えさせていただいた。
濃厚なメンバーにつき、濃厚な内容、
濃厚な時間を過ごさせていただいた。
皆様、家づくりに、真摯かつ果敢に、
取り組まれているのである。
毎度ながら、今回も、
いやはや、大いに、為になったのである。
住暮楽さんに、ありがとうございました。
皆様、ご苦労さんでした。

上方町家 Home page
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-23 23:59 | 上方町家 | Comments(2)
2011年 03月 22日

製材の成果。

d0082238_952969.jpg

桟木をかまして、ド~ンと積まれた板材。
こんなに採れたのである。
一本の丸太から製材された、
いわば、製材の成果なのである。
いやはや、癖になりそうな、
様相なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-03-22 23:59 | Comments(0)