<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

満を持しての塗り

d0082238_2355823.jpg
満を持して、
いよいよ、外壁、軒天の、
スイスの本漆喰の塗りに取り掛かる。
万全なる下地造り、
折り重なるかのような工程、
養生期間を経て、
いざ、といった感がある。
早朝、現場に集結したのである。

左より、
下地のベースBラス、及び、
ベースモルタル、プライマー材等を扱う、
左官のプロフェショナルの、豊運の岡花さん、
スイスの本漆喰、カルクウォールを取り扱う、
イケダコーポレーションの岡田さん、
左官工事を受け持つ、弓削左官さん、
現場管理を受け持つ、当社専務、
養生、プライマー及び、
スイス本漆喰の、ミネラル下地材の塗り込みを受け持つ、
塗装屋さんの藤原建装の藤原御夫妻。

一気に仕上げまで持っていく予定。
瞬くような、輝く、
何年も、輝き続ける、、、白を、
目指して、、、なのである。

最高の仕上がりを目指して、ラストスパート、
魂心の作業が続くのである。
あとは、良い天気を祈るのみ、なのである。

塗りの家
福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-30 23:59 | 現場 | Comments(0)
2011年 06月 29日

さわめく緑。

d0082238_010557.jpg

解体工事が無事、
完了した。
何事もなかったかのように、
さわめく緑、、、。
時折、垣間見える、
初夏を思わせる空が、
印象的なのである。


閑雲居
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-29 23:59 | Comments(0)
2011年 06月 28日

キャットウォークの見上げ

d0082238_23433630.jpg

キャットウォーク。
見上げ見る。
スノコ張り。
光の当たり具合で、
変化する色、、、
ダークなるブラウンに、
塗り込まれた、
厚~板が連なる。
う~ん、
この感じに、大いに、
惹かれるのである。

塗りの家
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-28 23:59 | Comments(0)
2011年 06月 27日

chocolate色

d0082238_23514024.jpg

私だけだろうか、
板チョコに見えるのは。。。
惹かれる色、
ダークブラウンであるが、
見る角度によっては、
chocolate・・・
チョコレート色にも見える、
のである。
実に、主観であるのだが、
まさに、私の好きな色のひとつ、
でもある、のである。

塗りの家
福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-27 23:59 | Comments(0)
2011年 06月 26日

手洗いカウンター

d0082238_23194548.jpg

丸型の益子焼の手洗い器の、
器を待ち構える、といった様相なのである。
杉のへり付き厚板に、加工を施し、
塗りが施された、カウンター。
まさに、そんな、感じに映るのである。
重厚なる益子焼、
そして重厚なる、塗り。
いやはや、どう映るか、
納まったのを見るのが、
実に楽しみなのである。

塗りの家
福知山
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-26 23:59 | Comments(0)
2011年 06月 25日

陶管

d0082238_22583630.jpg

ご依頼があり、
近年稀にある、
集中豪雨に対抗しての、
排水処理を施す、
雨水が滞りなく、
出来れば、流れていくようにと、
管を布設した。
塩ビ系のものは、避けたいということで、
探させていただいたのであるが、
昔は盛んに生産されていたのであるが、
近年は実に希少なる存在、
素焼きのいわゆる陶管なるのを、
取り寄せさせていただいたのである。
管径はその中でも最大となる、
内径18cmの管なのである。
この素朴な感じ、
レトロな感じをも感じる。
他の用途にも使えそうな、
なかなかの、素材感なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-25 23:59 | 素材 | Comments(0)
2011年 06月 24日

杉の木立の下から。

d0082238_22405784.jpg

見る視点、
最適なる目線というか、
グッと引いて見て見る。
次なる構築に向け、
魂心の作業が進行中。
杉の木立の下から、
垣間見える、
状景なのである。

閑雲居
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-24 23:59 | 現場 | Comments(0)
2011年 06月 23日

丸太から出来上がってきた板

d0082238_9442134.jpg

ON TURCK、
なされているのは、
今年初頭に、
丸太買いさせていただいた、
杉の丸太から、
出来上がってきた板材。
製材、乾燥の工程を経ての、
こだわりの材木屋さん、
おぎもくさんの、
手が入った材なのである。
長さ4m、巾60cm超え、厚み55mmありの、
カウンターやテーブル、ベンチの座面板などの利用に、
最適なる材と、なったのである。
約半分は、すでに塗りの家へ。
そして、残りは、
次工事の家に利用させていただく、
予定なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-23 23:59 | 素材 | Comments(0)
2011年 06月 22日

こげ茶色にもいろいろある

d0082238_10171982.jpg

こげ茶色にもいろいろある。
微妙に変わるこげ茶3色、
織り交ぜての、
杉板に塗られた、
塗りサンプルなのである。
時には、太陽の下で、
遠目で確認するのである。

塗りを続行中は、
真中あたりの、
拭き取りなしと、
拭き取りの、
プラネット社の色目は、
ダークブラウン、
なのである。

塗りの家
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-22 23:59 | 素材 | Comments(0)
2011年 06月 21日

魂心の解体工事。

d0082238_2313657.jpg
現場では、魂心の解体工事が進む。
実に、進むのである。
ついつい、現場に行くと、
傍観の様相となるのだが、
四方建材さんによる、
実に無駄の無い、作業が続くのである。
潔さをも感じる、進み具合なのである。
天気も見方している感じ。
晴れ渡り、時にはパラパラと雨が降ったりと、
まさに緩急をわきまえた、
天気の有り様なのである。

様相は徐々に変わる。
これまでの景色から、
新たなる景色へ。
想いは、伝承しながら。
順調に、作業は続くのである。

閑雲居(かんうんきょ)
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2011-06-21 23:59 | 現場 | Comments(0)