舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

ひと削り。

d0082238_23422977.jpg
ひと削り、、、
イメージに近づける為の、、、
ひと調整なのである。
大工の高見さん、
ご苦労さんです。

拡がる空間project
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-30 23:59 | Comments(0)
2012年 09月 29日

バッチリ、完成。

d0082238_2328252.jpg

バッチリ、完成した、
テラス屋根。
実にそつなく、
出来ているようであるが、
既存屋根の高さを見ながら、
絶妙に、湾曲させてある、、、
屋根面となっているのである。
いやはや、職人技を見たのである。
ありがとうございました。

拡がる空間project
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-29 23:59 | 現場 | Comments(0)
2012年 09月 28日

手製の、スライド包丁差し

d0082238_2321954.jpg

造り付けキッチン、
シンク下の小脇に装備される、、、
手製の、スライド包丁差し、、、
まな板も格納する可動box、
建具屋さんの手製なのである。
前板は、シナ合板、
あとは、ラフなテイストの、
Jパネル厚み24なのである。

拡がる空間project
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-28 23:59 | パーツ | Comments(0)
2012年 09月 27日

浮立つキャットウォーク

d0082238_2373670.jpg

ほぼ、完成の現場の様子。
道具、撤収準備。
白壁に、浮立つ、
キャットウォーク、
なのである。

拡がる空間project
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-27 23:59 | 現場 | Comments(0)
2012年 09月 26日

難関をくぐり抜けて。

d0082238_22585259.jpg

アルミ製の構造、
ポリカの波板のいわばテラス工事。
ただ、決まり通りに設置する、という訳でない。
出来上がれば軽い屋根といった、
在り様と成るのだが、
いろいろな難関、、、
をくぐり抜けて、、
でないと、完成しない。
電気の線、既存の屋根との取り合い。
難解な回答を求めて、、、
の結果の、アルミフレームなのである。

拡がる空間project
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-26 23:59 | 現場 | Comments(0)
2012年 09月 25日

天井のくぼみ

d0082238_11555612.jpg

天井は月桃紙で仕上げられているが、
なにやら、くぼみが、、。

照明を取り付ける、
スライドコンセントを、
埋め込みにする、のである。

拡がる空間project
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-25 23:59 | 現場 | Comments(0)
2012年 09月 24日

建具の建て合わせ

d0082238_11143484.jpg

絶妙な調整、、、
建具は片引き戸を多用する。
吊り戸であり、近年バージョンアップされた、、、
クローズ直前で、自動でスローにクローズする、
ソフトクロージング機構付きなのである。
いわば、当りが柔らかい建具を、目指すのである。

燈光器を当てながらの、夜半の作業。
建具の建て合わせ、まさに、
微の調整中の様子なのである。
白波瀬木工さん、
ご苦労さんです。

拡がる空間project
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-24 23:59 | 現場 | Comments(0)
2012年 09月 23日

紙張り、夜半の作業

d0082238_105302.jpg

壁、天井は、白。
強靭な沖縄産の紙、
当社定番の壁紙、
月桃紙(げっとうし)を張り巡らす。
下地は石膏ボード、、、
薄茶色の面なのである。
ジョイントやビスの箇所は、
すでに、パテが施されている。

空間が、徐々に白に覆い尽くされていく。
燈光器を燈しながらの、
夜半の作業の様子なのである。
繊細かつ迅速に、かつ丁寧に、、、
一枚一枚、果敢に、張られて行く。
まさに、手技なのである。
橋本装飾さん、
ご苦労さんです。

拡がる空間project
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-23 23:59 | 現場 | Comments(0)
2012年 09月 22日

瓦型に整形された板金

d0082238_1034491.jpg

30年以上は経過している屋根の上、
出会したのである。
屋根の頂部の瓦である、
棟瓦のその一枚の角が欠けていた。
原因はわからないが、
雨水の進入も有り得る、
状態なのである。
見逃す訳にはいかない、、、
しかし、瓦はない、、、
ということで、
板金にて処置、瓦型に整形され、
ピタリと納まっているのである。
まずは、これで、ひと安心なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-22 23:59 | 現場 | Comments(0)
2012年 09月 21日

その過程で、必要な作業

d0082238_10184213.jpg

樋(とゆ)を更新する。
老朽化した樋から、
新しいものに取り替える。
大屋根の樋の取替え作業は、
高所となり、梯子で作業できる場合もあるが、
隣地とのスペースが取れない場合は、
梯子の勾配が急になりすぎ、
危険である、、。
ということで、作業的には、
1日ほどの工事であるが、
安全に、確実に作業するべく、
外部足場を組む必要がある。
見れば、大ごとのようであるが、
出来上がってしまえば見えないが、、、
その過程で、実に必要な作業なのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2012-09-21 23:59 | 現場 | Comments(0)