<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 31日

納めのスケッチ

d0082238_2251475.jpg

納めのスケッチ。
ロフトの、床と手摺の内容。
はしごの納め、、、
まずは、描いたのである。
大工さんに内容を伝える手段、
材料、施工性、見え様、実用性、
将来を見越した、、、方向性、
などなど、考え、
伝え、つくるのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空が見える家 改造project2016
[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-31 23:02 | Comments(0)
2016年 08月 30日

2等材の杉板厚み30

d0082238_0203731.jpg
2等材の杉板厚み30。
本来は、下地用の材、
多少は欠点があるといえば、、、があるが、
これも、本来の木の姿、
物は使い様、、、
そのままでも、大丈夫だが、
どうしても、というところだけ、
少し手を掛ければ、
化粧でも充分使えるのである。

魅力はなんといっても、厚み。
強度がある、自立するので、
いろいろな使い様ができるのである。
ということで、
間仕切、床、棚等々、これを、
使い倒す、、、多用するのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空が見える家 改造project2016
[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-30 23:58 | Comments(0)
2016年 08月 29日

ロフトを拡張

d0082238_2259075.jpg

ロフト、小屋裏の収納スペース。
普段使わないものなどの、
収納場所となっているのだが、
少し手狭になって来ていたのである。
ということで、拡張するのである。

下の収納コーナーの天井高さも、
程よい高さとなる、のである。
ビス留めで納めていた、
杉の集成パネルである、
Jパネル厚み24mmの手摺を外し、
構造用合板厚み28を梁上に張り、
その上に、高さを揃えるべく、
既存部と同様、
合板厚み9mmを張るのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空が見える家 改造project2016
[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-29 23:09 | Comments(0)
2016年 08月 26日

手摺は流用

d0082238_23232345.jpg

吹抜の一部が、床となったのだが、
当然、その廻りには、手摺が必要。
元々の、手摺を、
90度展開させたかのような、、、
吹抜沿いのラインに沿って、
既存の手摺が流用、設置されたのである。
これまた、実に違和感なし。
手摺の面材である、杉の集成パネル、
24mm厚のJパネルは、
2本のビスを解けば、
容易に外せるつくりとしていたのである。
キャットウォークの杉の磨き小丸太は、
交点に合わせて、適正なる位置取りで、
カットし、納めたのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空が見える家 改造project2016
[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-26 23:57 | Comments(0)
2016年 08月 24日

一部吹抜が塞がれた

d0082238_20552112.jpg
吹抜に床が張られた、、、
下からの見上げ、
梁の上に納められた、
唐松の構造用合板F☆☆☆☆厚み28が見える。
1mx2mの大きさなのでジョイントが見えるのだが、
本来はそこに小梁が入り見えないのだが、
あえて、小梁を入れず、実付きのものにして、
ジョイントが見えるかたちとしたのである。
新たに設置した、際根太のホワイトウッドと同様、
まだ白い、、、徐々に他の部分と同様に、
飴色に焼けてきて、馴染んで来るのである。

ということで、、、
一部吹抜が塞がれた、2mx2.5m
キャットウォークを含むと、
2mx3mということになるのである。
気になるのは、
上からの採光が妨げられるのと、
空間に閉塞感が生まれるのでは、いうこと。
布を吹抜に張り、シュミレートをし、
確認済みなのであるが、
確かに、以前に比べれば、
2階からの日射の空間に及ぼす影響は減っているが、
天井面に、照明等の光が当たり、
明るくなった印象すら感じる。
まったく違和感がない、、、
逆に、落ち着きすら感じる、のである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空が見える 改造project2016

[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-24 21:09 | Comments(0)
2016年 08月 23日

空の見える家 改造project2016...

d0082238_20212119.jpg
空が見える家、、、私の家、
築、あと2ヶ月余りで、10年となる。
これまで、忙しさにかまけて、
皆無と言っていいほど、
手を入れてなかったのである。
いわば、新築時の状態のまま、
時を重ねたのである。
小さかった子供も大きくなってきた。
新築時の構想、、、設計の段階からのテーマ、
出来るだけシンプル、ラフにつくっておいて、
必要に応じて、足したり減らしたり、、、
可変する、できる、家ということで、考えていた、、、
いわば、住みながら、可変していく住まいの、
実践を怠っていたこととなる。
家人である妻や子供からも、度重なる要望が、、、。
ということで、始まったのである、
空の見える家 改造project2016...
まずは、リビングダイニング上の、
2.5mx5mの吹抜の、
一部を床にするのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空が見える家 改造project2016

[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-23 20:45 | Comments(0)
2016年 08月 21日

即席木工教室2

d0082238_22455842.jpg

息子からの要望により、
今夏、2回目、当家デッキ上にて、
即席木工教室となったのである。
お題は、コースター。
少し厚めではあるが、、、
前回の巣箱の余り材、
杉の荒板厚み15mmからの、
木取りなのである。
測る、描く、削る、
再度、描く、彫る、、、
一連の動作によって、
約3時間、
それぞれの絵柄が施された、
コースターが出来上がった、のである。
サイズは7cm角。
350ml缶のサイズに、
ピタリのサイズであったのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-21 22:48 | Comments(0)
2016年 08月 13日

木造コースター

d0082238_15521529.jpg

ライトアップされた、
何層にも重なり合う、白い架構、、、
実に美しい。

家族で出掛けた、
ナガシマスパーランドの、
ジェットコースター。
ホワイトサイクロン、、、
木造の架構なのである。
日本の木製コースターでは、
最大規模なのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
舟越工務店
2016.夏季休暇、
8/13~16とさせていただきます。
大変、ご迷惑をお掛けしますが、
何卒、よろしくお願いいたします。

[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-13 16:06 | Comments(0)
2016年 08月 09日

木陰の中の巣箱

d0082238_20275914.jpg

我が家のシマトネリコの木に、
忍ばせたる巣箱、、、
大工さんによる木工品の一品、
木陰の中で、
実に涼しげ、なのである。
オブジェの状態、
鳥が出入りしている様子は、
まだ、伺えないのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-09 20:37 | Comments(0)
2016年 08月 03日

即席木工教室

d0082238_206553.jpg

まさに、即席木工教室。
息子の熱い要望により、、、
自宅での寸暇を惜しんでの、
1対1の、マンツーマン、
木工教室とあいなったのである。
お題は巣箱、、、
前々回の完成建物見学会、
大工さんの木工品でもお目見えした、
一品なのである。
材料は、巾150mm.長さ1400mm.
厚みは12mm程度の板1枚があれば出来る。
材種は杉の荒板がいい。
いわば、カンナが掛かっていない板、
鳥がとまりやすいようの、、、配慮なのである。
及び、釘.ビス.丁番。
道具は、鉛筆、さしがね、のこぎり、かなづち、
インパクトドライバー、プラスのピット、キリ、ドリル(穴あけ)
があれば出来るのである。
測る、描く、切る、たたく、、、
一連の動作を経て、
約1時間半、完成とあいなったのである。
[PR]

by funakoshi-k | 2016-08-03 20:27 | Comments(0)