舟越工務店ブログ

funakou.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 04日

閑雲居

d0082238_2293294.jpg

兼ねてから、計画中の住まい。
住まい手さんは、何年越しか、かなり前から、
当社の見学会にお越しいただいている。
最長記録更新中、、、のお方なのである。
実に、ありがたい限りなのである。
もちろん、こちらも、心して掛からなければならない。
魂心の、大判サイズの全景パースを、
描かせていただいたのである。
裏山と道路との間の敷地。
既存部分の蔵、はなれに囲まれるようにして、
母屋部分の改築となるのである。

現在の玄関先に掲げられた額には、
「閑雲居」と書してある。
現建物のことを表されてあるのである。
解体撤去し、そして、
新たに建つ家は、、、。
当然、現代の考えで、
いわば、新しい技術、テクノロジーで、
ある意味、新たなる感覚、思考、価値観で、つくる。
もちろん、既存とも共存、
いわば、調和させながらなのであるが、
廻りとの関係、ここでの環境、ポジション、立ち居地、
在るべき姿を考えつくる、、、。
この場所に、佇む、
佇んでいる家、という形容が浮かぶ。

どこからともなく、流れる雲のように、閑静に、、、
佇んでいる住まい、居を目指す。

新たなる家も、やはり、「閑雲居」なのである。
現時点では、まだ設計中なのであるが、
スケジュールも確定し、
完成に向け着実に進行中なのである。

閑雲居(かんうんきょ)
綾部
[PR]

by funakoshi-k | 2011-05-04 22:46 | 設計 | Comments(0)


<< ガラスを透して、映り込む世界。      窓越しの景色 >>